<動物の発生>

ウニ、イモリ、メダカ 形づくりの手順

29分

受精卵という1つの細胞から、複雑な動物の体がどのように出来ていくのか?ウニ、イモリ、メダカ、3種類の動物の特徴を生かして動物の発生の過程を紹介していきます。

ウニの受精

卵割

ふ化

原腸胚

プルテウス幼生

受精、卵割、原腸の形成 ・・・ 。動物の発生の初期の過程と用語を理解するのに、ウニは適しています。

[ ウニの発生 ]

[ イモリの発生 ]

卵割〜神経胚

原腸胚の内部

原腸の形成

神経板〜神経管

神経胚の内部

イモリの発生では脊椎動物の基本的な形がどのようにできてくるのか、タイムラプス撮影とCGで詳しく紹介します。

[ メダカの発生 ]

胚全体(上面より)

目の形成

耳胞の形成

心臓の形成

血管の発達

透明なメダカの胚では、目や心臓など内部の器官ができていく様子を紹介します。

home

10

10

home