こちらはホオノキです。

ホオノキは、ほかの木が倒れてできたような森のすき間でいち早く成長してきます。

これらの大きな木の下には、ムシカリやハウチワカエデ、クロモジなのの亜高木が生えています。

そして、さらにその下にはツツジなどの低木が見られます。

多くの種類の木が層をつくって森の中にさし込む光を、有効に利用しています。

こちらはミズナラの森です。

縦に大きな割れ目が見られるのがミズナラの幹の特徴です。

葉にはあらい鋸歯が見られます。

ミズナラはブナに比べて、やや乾燥した山の尾根や雪が少ない地域に分布しているようです。

森ではたくさんの種類の樹木が、その特徴に応じて、少しずつ場所を変えて共存しているのです。

10
home

−ブナとミズナラの森−

森のしくみ

ホオの花

ムシカリの花

ムラサキヤシオツツジ

ミズナラの葉

10
home