コケ

陸上生活のパイオニア

コケの中には、これまで見てきたものとは違って、偏平な形をしたものもあります。

これはゼニゴケ、庭や畑など身近なところでよく見かけます。

水辺の崖などで繁殖しているのがこのジャゴケです。

ジャゴケという名前は、このヘビの皮膚のような模様からついたのでしょうか。

コケ庭ではゼニゴケやジャゴケは嫌われ者です。

その姿形からでしょうか、それとも旺盛な繁殖力で美しいスギゴケを圧倒してしまうためでしょうか、目につくとすぐに削りとられてしまいます。

同じコケなのに、気の毒ですね。

 これらゼニゴケの仲間はタイ類とよばれています。

 タイ類には、扁平なものだけでなく、葉や茎を持ったものもあります。

 タイ類に対して、はじめに見たスギゴケの仲間のコケは蘚類というグループに分類されています。

 コケにはこの他にツノゴケ類とよばれるグループもあります。

 ゼニゴケ

 ミズゼニゴケ

イチョウウキゴケ 

 ツノゴケ

10
home
10
home