植物の生殖

花のメカニズム、2つの生殖法

これまで、植物がどのようなしくみで自分の子孫を残していくのか、大まかに紹介してきました。

 花の中で行われている複雑な受精の過程、有性生殖と無性生殖という2とおりの生殖法。

多様な子孫を残すしくみについても見てきました。

けれども、それはまだ植物の生殖のしくみの、ほんの表面を見ているだけに過ぎないのかもしれません。

 植物はなぜ長い花粉管をつくるようになったのでしょうか。

 多様なものを作るための花のしくみでのはずが、自家受粉しかしないようなものがあるのはなぜなのでしょうか。

 植物の生殖にはまだまだ多くの謎がかくされているようです。

 終

タカサゴユリの花

花粉管の伸長

胚珠(ユリ)

10
home
10
home