シダ植物

−太古の森の末裔たち−

シナリオより

ヒトツバ

クジャクシダ

ホラシノブ

アカウキクサ

森の中や道路脇などで注意をしてみるといろいろな種類のシダが見つかります。

これはワラビです。山菜として有名ですね。

こちらの大きなものはオシダ。 直径1mはあるでしょうか。

クジャクシダのように美しい形をしたものもあります。

木や岩に着生するものから水草になってしまったものまで、生育環境も様々です。

シダの特徴としてあげられるのは、まず第一にこの葉の形でしょう。

切れ込みが1回だけのものもあれば、2回、3回とさらに細かく切れ込んだものもあります。

どの部分が一枚の葉にあたるかわかりますか。

実はこの全体が一枚の葉なのです。

茎は地面の下で、地下茎になっています。

切れ込みのないシダ、ヒトツバ。これなら一枚の葉だということがよくわかりますね。

木にからみついているのはカニクサです。つるのようになっていますが、これも大きな一枚の葉なのです。

マメヅタもシダの仲間です。マメヅタではこの丸い部分が1枚の葉です

home

home