岩浜にはもう一つ忘れてはならない甲殻類がいます。

それはフジツボやカメノテの仲間です。

石灰質の殻で包まれていますが、貝ではありません。エビやカニと同じ甲殻類なのです。

フジツボも脱皮をしながら成長します。

脱皮をした抜け殻を見るとエビやカニなどと同じ、まさに節足動物の特徴を持っています。

フジツボは雌雄同体ですが、受精は近くにいる他のものとの間で行います。

卵をもっているものが何か信号でも出すのでしょうか。まわりにいるフジツボがいっせいにこの細長い管を伸ばし、受精します。

受精した卵は石灰質の殻のすき間で育っていきます。

そして満ちてきた潮にのって、たくさんの子供が親のもとを巣立っていきます。

3対の足をもった一つ目小僧。

これがフジツボの子供、ノープリウス幼生です。

このノープリウス幼生の時期をもつこともエビやカニなどと同じ甲殻類の特徴のひとつです。

11
12
10
home
11
12
10
home

−岩浜の動物たち−

海辺

クロフジツボ

イワフジツボの脱皮殻

雄性器を伸ばすイワフジツボ

イワフジツボのノープリスス幼生