ボルボックス

 home  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

−謎の球形生物−

2006年 科学技術映像祭 文部科学大臣賞 受賞作品

2006年 Wildlife Vaasa Filmfestival (Finland)ノミネート作品

美しい緑色の球形生物、ボルボックスとはいったいどんな生き物なのでしょうか。ボルボックスの体のつくり、運動、繁殖のしかたなど、その全体像を紹介します。

ラテン語で回転するという意味の volvo から名前がつけられた。
ボルボックスは何のために回転するのだろうか?この映像ではカバーガラスやまわりのボルボックスのために同じところにとどまって回転しているが、普通は回転しならが前に進んでいく。

ボルボックスの中にある丸いものは娘群体(子供)。その娘群体の中にはさらにその次の世代になる細胞が見られる。

 home  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

残った細胞(体細胞)は役割を終え、やがて死んでいく。
次の世代になる生殖細胞と、それ以外の体細胞が分化していることからボルボックスを多細胞生物と考える研究者もいる。

ユードリナ( eudorina.elegans )は32個の細胞からなる細胞群体。ユードリナでは各細胞がすべて次の世代になる。 ボルボックスのように体細胞と生殖細胞の分化は見られない。

運動

無性生殖( V.carteri )

役割を終え、死んでいく体細胞

ユードリナ

Volvox の種類

左は Volvox barberi 右は Volvox carteri

 ともに愛知県など濃尾平野の水田によく出現する。
画像では同じような大きさのものが写っているが、
V. barberiのほうがひとまわり大きくなる。

V . barberi は雌雄同株 V . carteri は雌雄異株

v.barveri 原形質連絡が見られる。

v.carteri 丸い細胞 原形質連絡はない。