ボルボックス

 home  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

−謎の球形生物−


同じグループの細胞群体ですが、ボルボックスにはユードリナやパンドリナとは大きく異なる点があります。

ユードリナの増え方を見てみましょう。

ユードリナは成長すると体を構成しているすべての細胞が分裂をし、次の世代になっていきます。

このような増え方はゴニウムやパンドリナでも同じです。

けれどもボルボックスでは、さきほど見たように、子供になる細胞が決まっていました。

この繁殖のための細胞は生殖細胞と呼ばれています。

 その他の細胞には体細胞という名前がついています。

体細胞は丸いボルボックスの形をつくり、協力して泳ぎ続けます。

生殖細胞や娘群体を中につつみこんで大切に守っているようにも見えます。

 そして役割を終えると死んでいきます。

 体細胞はボルボックスの体を形づくる一代限りの細胞なのです。

このような体細胞と生殖細胞の分化、つまり細胞の役割分担が見られるのがボルボックスの特徴です。

高等植物のような高度な分化は見られませんが、ボルボックスは多細胞生物への進化の道をたどりはじめたばかりの生き物なのです。

 home  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

 ユードリナの増殖

娘群体(ユードリナ)

 ゴニウム

 ゴニウムの増殖

 パンドリナの増殖

 娘群体(パンドリナ)

体細胞のみ

体細胞を分化したボルボックス