「自然への窓」は教材用に制作した、自然や生きものの映像作品を紹介するサイトです。学校の生物の授業に登場するゾウリムシ、プラナリアなどの小さな生き物たちや、ブナ林、海岸といいった生態系について詳しく見ていきます。

 教材というと難しいというイメージがあるかも知れませんが、映像づくりをとおして見た自然や生物は、実に魅力的で驚きに満ちたものでした。ブナの原生林や自然のまま残っている海岸などもすばらしいのですが、田んぼや道路脇の側溝の水の中にも、おもしろい生き方をしている多様な動物や微生物の世界があります。あるいは道端の雑草たちもよく見ていくと様々な戦略でたくましく生きています。その姿に美しささえ感じます。(感心ばかりしていると草だらけになってしまいますが。)

 話の構成は私が30年近く仕事をしてきた高校の生物の授業の中で利用することを考えて作ってありますが、登場する生き物たちが魅力的なので多分小学生から大人まで見ていただけるのではないでしょうか。

 映像にあふれている今の時代ですが、高校の生物の授業でで使えるようなもの、教材生物や身近な自然について少し詳しく見ていくようなものはあまり作られていません。経済的な採算性の問題や、時間がかかるような映像制作が難しい制作システムの問題などいろんな原因があるようです。

 けれども、最近は機材の進歩によって個人でもある程度の映像の制作が可能になってきました。つくるべきテーマはいくらであります。山登りに例えるなら未踏峰だらけのように思えます。これから時間をかけ、自然や生き物とじっく付き合いながら、新しい映像を作っていきたいと考えています。


  堀田康夫

「自然への窓へようこそ」

home
ご意見,ご質問